相続人調査と財産調査


相続は、亡くなった方から相続人へ財産などを移転することです。

どの財産を相続するのか、その財産がいくらになるのかに目が行きがちですが、それ以前にそもそも誰が財産を受け取る権利があるのかを確定しなければ手続きが進みません。

「だいたい分かるから、調べなくても大丈夫。」と考えでいると、思わぬ事態に陥ってしまう危険性があります。
想像もしなかったような人が相続人として出てくることも少なくはありません。
それが早い段階であれば良いのですが、遺産分割協議がまとまった後だと大変な手間が掛かります。

また、遺言や死因贈与契約等がある場合、相続人以外の人が相続財産を取得する可能性がありますので、
しっかりと誰が相続人であるのかを把握することは非常に重要です。

また、どのような財産があるのかもしっかりと確認しておきましょう。


相続人調査と法定相続

誰が相続人になりえる権利をもつのかは民法で決められています。
それを「法定相続人」と言います。


相続財産とは

相続は、色々な財産や権利・義務をそのまま受け継ぐということです。
亡くなった人が持っていた財産や権利・義務のすべてが相続することになりますから、借金も一緒に相続しなければいけないのです。
原則として、「すべて相続するか」「すべて放棄するか」しかありません。
ですから相続が発生して2ヶ月以内の早い時期、どんなに遅くとも3ヶ月以内には相続財産額がプラスなのかマイナスなのかくらいは確認できる調査をしなければいけません。
財産には、相続財産とみなし相続財産、祭祀財産の3種類があります。


みなし相続財産とは

相続税は被相続人の財産に対して課せられる税金です。
死亡保険金や死亡退職金もその対象となり、課税の対象となります。
どのような財産が相続財産とみなされるのかきちんと確認しましょう。

相続手続に関する情報

   相続手続の流れ    相続人調査と財産調    相続方法の決定



完全保存版のハンドブック 「相続まるわかりガイド」 無料相談ご予約専用フリーダイヤル 0120-58-2595 メールでのご予約