贈与税について


2015年1月1日に「2015年度税制改正」が適用されましたが、改正後の主なポイントは下記の5つです。
  1. 相続税の基礎控除の縮小
  2. 相続税の税率構造の増加と最高税率のアップ
  3. 20歳以上の者が直系尊属からの贈与を受けた場合の軽減税率の新設
  4. 孫への教育資金贈与の非課税制度の新設(孫1人あたり上限1,500万円)
  5. 未成年者控除及び障害者控除の引き上げ
改正後の実施に伴い、相続税の課税対象者が増加し相続税額が増額となる反面、生前贈与はしやすくなりました。 

そこで、施行されてから慌てることのないように、今から贈与の準備を始めましょう。


詳しくは2015年度税制改正のポイント

贈与を活用するメリット


では、生前贈与を活用するメリットについて確認したいと思います。

メリット1.贈与税の基礎控除を活用して、相続財産を減らすことができる
 贈与税には、一人当たり年110万円の基礎控除があるため、計画的に活用すれば
 相続財産を大幅に減らすことができます。
 ※必ず事前に専門家にご相談の上、判断下さい

メリット2.贈与税の配偶者控除を活用することで課税価格を減らすことができる
  ・婚姻期間20年以上の配偶者からの贈与である
  ・居住用不動産または、居住用不動産を取得するための金銭の贈与である
  ・過去にこの制度の適用を受けていない(同一夫婦間で一度だけ)
  ・贈与を受けた年の翌年3月15日までに贈与された(又は取得した)居住用不動産
     を居住の用に供し、その後も引き続き居住する見込である
  ・贈与税の申告をする

  以上の要件を満たした場合に限り、課税価格2,000万円(基礎控除と合わせると
  2,110万円まで)控除できます。

メリット3.法定相続人以外に財産を渡すことができる
 相続では、法定相続人以外には財産を渡すことができませんが、贈与の場合は、
   自らの指定した相手に財産を渡すことができます。

こんな方にお勧めします


  1. 生前贈与を活用して、相続税を減らしたい方
  2. 法定相続人以外の人に財産を残したい方
  3. 生きているうちに財産を子・孫等に渡したい方

贈与に関するサポート内容及びサポート料金


 サポート項目 サポート内容
料金
 簡易財産評価 不動産の簡易評価、株式等の簡易評価、財産目録の作成  30,000円~(税別)
 提案書の作成 各種対策案のご提案  30,000円~(税別)
 生前贈与 ・必要書類の手配、贈与書類の作成
・ 相続時精算課税制度
・ 配偶者特別控除
・ 不動産の名義変更
(提携司法書士に依頼いたします)
 各30,000円~
(税別)
 贈与税申告  贈与税申告書の作成 20,000円~(税別)

※贈与財産の額、贈与する人数等に応じて料金は異なります。

亀戸・錦糸町相続サポートセンターの無料相談をご利用下さい。

まずはお電話にて面談日をご予約下さい

ご予約専用電話:0120-58-2595 (平日 9:00~17:00)までお電話下さい。担当のスケジュールを確認し、ご相談の日程とお時間を確保致します。

※個々に状況が異なるため、お電話のみでのご相談はご遠慮いただいております。あらかじめご了承ください。
※無料相談は初回のみとさせていただいております。
 

ご相談後のサポートもお任せ下さい

当サポートセンターでは、相談後の各種お手続きの代行もいたします。

ご依頼時には、事前にサポート内容と料金の説明を丁寧にさせていただき、正式なご 契約ののち、着手いたします。初回の無料相談で費用が発生することは一切ございま せん。ご安心下さい。
 

完全保存版のハンドブック 「相続まるわかりガイド」 無料相談ご予約専用フリーダイヤル 0120-58-2595 メールでのご予約

贈与に関するコンテンツ

   贈与に関するサポート    贈与税とは    贈与税の申告と納付
   贈与を活用した相続対策    相続時精算課税制度    小規模宅地の特例
   贈与と相続どちらが得?    2015年度税制改正    TOPへ