〇調査を受ける前に準備・確認しておくべき書類

・3年分の預金通帳
・相続人が使用していた印鑑
・葬式費用の領収書・請求書
・端株(単元未満株)の保有有無
※平成21年1月5日の株券電子化以前取得の株券は
証券会社ではなく株主名簿管理人である信託銀行に
確認が必要 

被相続人が法人の役員等だった場合には・・
被相続人と同族会社間の貸借が分かる
・総勘定元帳
・金銭消費貸借契約書

 

〇調査を受ける前に準備しておくべきこと

・大口預金の出入りに、相手先と内容がメモされているかどうか。

・多額の現金が自宅に保管されていないかどうか。

・相続人の誰が調査に対応するのか(適任者の選定)

・調査を受ける際の部屋の確保

・「贈与したことにする」ではなく、実際に贈与があったかどうか。
(双方に贈与認識があり相手が処分可能)

被相続人の事情によって税務調査への対応方法は異なりますので、
専門家へご相談ください。

□■□手続から申告までワンストップでお手伝い 亀戸・錦糸町相続サポートセンター□■□

完全保存版のハンドブック 「相続まるわかりガイド」 無料相談ご予約専用フリーダイヤル 0120-58-2595 メールでのご予約