この制度が導入されることにより、相続人全員の現在の戸籍、
被相続人の出生から死亡までの戸籍等必要書類の原本を法務局へ提出すれば、
法務局から「法定相続情報一覧図の写し」と呼ばれる証明書が発行され、
これ以降の各種の手続きについては、戸籍等の原本を提出することなしに
法務局から発行された証明書を提出することで、
相続手続きをすることができるようになると考えられます。

※官庁、金融機関等により対応が異なる場合がございますので、
事前にご確認いただくことをお勧めします。

相続に関する戸籍は、相続関係などによっても様々ですが、
複雑、多数になることもしばしばあります。
1つの相続の場合でも、手続きする先は、各金融機関、法務局など多数あり、
その都度、複雑な戸籍を1つ1つ確認する必要があります。
本制度を利用すると最初に法務局にて戸籍の確認をするだけで、
その後の手続きでは戸籍の確認は不要になります。
金融機関の窓口では戸籍の確認をする必要がなくなるため、
現在、長時間かかっている金融機関の手続き時間の短縮により、
業務の効率化が進み、お客様の待ち時間も短くなると考えられます。
また、戸籍を再度取得する手間や費用も節約されると思われます

□■□手続から申告までワンストップでお手伝い 亀戸・錦糸町相続サポートセンター□■□

完全保存版のハンドブック 「相続まるわかりガイド」 無料相談ご予約専用フリーダイヤル 0120-58-2595 メールでのご予約