土地を借りる場合に、一般的に権利金などが授受される地域において、
借地人から土地を又借りして家を建てるときには、
又借りをする人は借地人に権利金や地代を支払うのが通例です。

しかし、親の借地に子供が家を建てたときに親に
権利金や地代を支払うことは通常ありません。

このように、親の借地権を子供が権利金や地代を支払うことなく
無償で使用した場合には、借地権の使用貸借となりますが、
借地権の使用貸借による借地を使用する権利の価額は
ゼロとして取り扱われていますので、子供に贈与税が
課税されることはありません。

この場合、「借地権の使用貸借に関する確認書」を
使用貸借で借り受けている者の住所地の所轄税務署長に
すみやかに提出してください。

この確認書は、借地権を使用する子供借地人である親地主の3人が、
その借地権を使用貸借で又借りしていることを連名で確認するものです。
(国税庁ホームページより抜粋)

□■□手続から申告までワンストップでお手伝い 亀戸・錦糸町相続サポートセンター□■□

完全保存版のハンドブック 「相続まるわかりガイド」 無料相談ご予約専用フリーダイヤル 0120-58-2595 メールでのご予約