親が借地している土地の所有権(底地)を
その子供が地主から買い取った場合に、
親と子供の間で地代の授受が行われないときは、
親の所有していた借地権は、子供が土地を買い取ったときに
借地権者である親から子供に贈与があったものとして取り扱われます。

ただし、子供が土地の所有者となった後も、
引き続き借地権者は親であるとして
借地権者の地位に変更がない旨の申出書」を
子供の住所地の所轄税務署長にすみやかに提出したときは、
贈与として取り扱わないことになっています。

また、この申出書は借地権者である親と土地の所有者である
子供の連署により提出することになっています。
なお、この申出書の提出があった場合において、
将来親に相続が開始したときには、その借地権は
親の相続財産として取り扱われます。
※国税庁ホームページより抜粋

□■□手続から申告までワンストップでお手伝い 亀戸・錦糸町相続サポートセンター□■□

完全保存版のハンドブック 「相続まるわかりガイド」 無料相談ご予約専用フリーダイヤル 0120-58-2595 メールでのご予約