独身で子供もいない長男が亡くなり、母親が一人法定相続人であった場合、
母親が相続を放棄すると、相続税の計算はどのようになるのでしょう。
母親の夫(被相続人の父)は以前に死亡し、長男の他に子供は
長女、二女、次男の3人とします。

母親が相続を放棄するとなると被相続人の財産は
兄弟姉妹が相続することになります。
これら相続に関する事柄は「民法」によって定められています。
財産を相続する手続きは民法にしたがっておこなわれますが、
それにより発生する相続税は「相続税法」という別の法律に基づいて計算し、
納税することになります。
相続税法は「課税」を目的にした法律ですので、
人によって課税が不公平になることのないように、
一部民法とは異なる特別な扱いがあります。

 

相続税法第15条2項(遺産に係る基礎控除を計算する上での相続人の数)

 相続の放棄があった場合には、その放棄がなかったものとした場合における相続人の数とする。

したがって、法定相続人の数は、放棄がなかったものとした場合の法定相続人の数

法定相続分は、放棄がなかったものとした場合の法定相続人分の
各法定相続分となります。

これらは相続税の計算過程において、基礎控除や生命保険、
死亡退職金の非課税金額、相続税の総額の計算などで使用します。

前出のケースで、仮に被相続人の遺産額を1億3600万円とした場合
どういった計算で税額を算出するのでしょうか。
母親が放棄をしても相続税法上の法定相続人は1人、法定相続分は1/1となります。

 

相 続 人
長女・二女・次男

基礎控除
3000万円+600万円×1人=3600万円

相続税の総額
1億3600万円-3600万円=1億円
1億円×1/1(母親の法定相続分)×30%-700万円=2300万円

相続税の加算総額
2300万円×20%=460万円・・・(※注)

 納付すべき相続税合計額
2300万円+460万円=2760万円

(※注)相続税額の加算・・・
配偶者、および1親等の血族、すなわち子(代襲相続人となった孫を含み、
代襲相続人となっていない孫養子を除く)および
直系尊属以外の方が相続した場合には、
その者の相続税額が20%加算されます。

民法上の相続人は3人ですが、相続税の計算上は1人。
民法上の法定相続分は各人1/3ですが、
相続税の総額を計算する上で用いる法定相続分は1/1となります。

□■□手続から申告までワンストップでお手伝い 亀戸・錦糸町相続サポートセンター□■□

完全保存版のハンドブック 「相続まるわかりガイド」 無料相談ご予約専用フリーダイヤル 0120-58-2595 メールでのご予約