1・必要書類の収集

1)被相続人の死亡から出生までの連続した戸籍

2)被相続人の住民票の除票

3)相続人の戸籍

4)相続人の住民票

5)委任による代理人が申出の手続きをする場合・・・
・委任状
・資格者代理人各団体所定の身分証明書の写し
(弁護士・司法書士土地家屋調査士・税理士・
社会保険労務士・弁理士・海事代理士・行政書士)
・原本と相違ないことを記載し記名・押印(法人の登記簿謄本)

6)申出人の顔写真付きの身分証明書
(運転免許証・個人番号カード・住民票の写し・各々に原本と
相違ないことを記載し記名・押印)

2・法定相続情報一覧図の作成

3・申出書の記載

4・法務局へ申出
①被相続人の本籍地
②被相続人の最後の住所地
③申出人の住所地
④被相続人名義の不動産の住所地

5・登記官による確認、法定相続情報一覧図の保管

6・認証文付き法定相続情報一覧図の写しの交付、戸籍謄本等の返却

7・交付にあたり手数料は徴収されない

 

 

□■□手続から申告までワンストップでお手伝い 亀戸・錦糸町相続サポートセンター□■□

完全保存版のハンドブック 「相続まるわかりガイド」 無料相談ご予約専用フリーダイヤル 0120-58-2595 メールでのご予約