新型コロナウイルスに対する当社の対応について

オンライン無料相談も承ります。
オンライン無料相談から相続税申告をご依頼の際には、
50,000円(税別)を割引いたします。

オンライン相談の方法につきましては、
詳しくご説明させていただきますので
まずは、お気軽にご連絡ください!

亀戸・錦糸町相続サポートセンターでは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、2020年2月25日に発表された政府からの「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」を受けて、社内外への感染被害抑止と、お客様、当社関係者の皆様、全従業員の安全確保を目的に以下の通り対策を実施します。

<対応事項>

1.お客様への対応

(1)接客時のマスク着用について
お客様とのご面談やお取引先企業様との打合せの際には、すべての従業員がマスクを着用させていただきます。
ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。

(2)応接室・執務スペースの消毒について
応接室は来客終了の度に、机・ドアノブ等のアルコール消毒及びドアを開放しての換気を行います。

2.勤務形態

(1)体調不良時の出勤について
37.5度以上の発熱がある場合や風邪の初期症状がみられる従業員には無理な出勤を要請せず休暇取得を勧奨致します。

(2)通勤時ならびに勤務中のマスク着用について
「手洗い・消毒、うがい、咳エチケット」を徹底致します。
また、公共交通機関の利用時及び勤務中はマスク着用を徹底致します。

上記に併せまして、従業員に対しては本人及び家族に感染や濃厚接触の疑いがある場合等につき、社内で報告することを義務付けており、社内における状況把握に努めております。

当社は、新型コロナウイルス感染症に関する状況を注視しながら、今後も必要な対応を実施してまいります。

関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

相続サポートセンターの強み

丁寧・安心・迅速をモットーとして、
税務調査になりにくい申告対応致します。
丸投げの方も、自分で申告したい方も安心して、当サポートセンターへお任せ下さい!

  • 相続税

    相続税

    相続税
    戸籍の確認から相続財産評価、遺産分割協議書の作成など、相続手続に必要な全ての手続をお手伝いいたします。
    相続税申告は自分自身で行うことも可能ですが、税の専門家である税理士に申告業務を依頼することが一般的です。しかし、相続税の納税額は申告を依頼する税理士によって差がでることもあるため、どの税理士でも良いというわけではありません。
    税理士の中でも専門分野・得意分野があり、相続関連業務を得意とする「相続税に強い税理士」に依頼すると、納税額を大幅に減らすことができるケースがあります。
  • 相続手続

    相続手続

    相続手続
    相続手続とは、相続の発生後(被相続人の死亡後)、戸籍等を収集して相続人を確定し、遺産をもれなく洗い出して相続財産を確定し、各種不動産や銀行・保険その他の各種名義を変更するなどの一連の手続を指します。 また、手続によって期限が決まっていますので、葬儀が済んだのち、計画的に進めて行かないと期限に間に合わなかったり、期限間際でバタバタすることになりますので注意しましょう。
  • 遺言書

    遺言書

    遺言書
    遺言書を作成した方が良い方は多くいらっしゃいます。
    例えば、会社経営をされている方、子供がいないご夫婦、相続人がいない方など…そもそも、なぜ遺言書を書く必要があるのでしょうか?ご自身が亡くなった後、相続人が複数いたりする場合、親族同士の相続争いや会社の事業においての権力争いなどの争いを未然に防ぐためにも、事前に遺言書を用意して生前の間に相続の準備をしておけばスムーズに相続手続きが行えます。
    遺言書の作成には専門の亀戸・錦糸町相続サポートセンターのスタッフに無料でご相談できますので、お気軽にご相談下さい。
  • 主な改正

    相続の主な改正

    相続の主な改正
    ①民法改正
    2018年民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律と法務局に置ける遺言書の保管等に関する法律

    ②2015年度税制改正について
    「2015年度税制改正」の要点と税制改正について〜2015年度税制改正のポイント〜
  • 生前対策

    生前対策(贈与)

    生前対策(贈与)
    相続税を少なくするために最も有効な方法は、課税対象となる財産を予め減らしておくことですが、そのために有効な方法が生前贈与です。
    社会保障・税一体改革大綱では、相続税の基礎控除の引き下げ等による相続税の増税が明らかになっていますので、贈与を活用した相続税対策はますますその重要性を増していると言えます。
    暦年贈与や配偶者控除の活用、孫への贈与、相続時精算課税など贈与についてのご相談も承っております。
  • 小冊子

    小冊子

    小冊子
    無料進呈!
    『相続まるわかりガイド』差し上げます。
    『相続まるわかりガイド』はB5版カラー全26ページからなる各種相続手続について詳しく書かれた冊子です。
    ご請求は0120-58-2595か小冊子ご請求フォームよりご請求して下さい。

相続税で少しでもお悩みがある方
まずは無料でご相談して下さい!

相続に関する不安やお悩み
ございませんか?

お客様からご相談いただく
よくあるお悩みトップ10

  • 1 何を準備しないといけないの?
  • 2 財産はどうやって分ければいいの?
  • 3 財産の名義変更はどうすればいいの?
  • 4 税金はどれくらいかかるの?
  • 5 相続税がかからなければ申告しなくていいの?
  • 6 財産の分け方で税額ってかわるの?
  • 7 納税の資金はどうすればいいの?
  • 8 対策すればどれくらい税金が少なくなるの?
  • 9 遺言書はつくっておいた方がいいの?
  • 10 相続に関することは生前に準備したいがどうすればいいの?

このようなことでお悩みでしたら、
亀戸・錦糸町
相続サポートセンター
解決します!

亀戸・錦糸町相続サポートセンターが選ばれる理由

  • 理由1亀戸・錦糸町の
    地域に特化した
    43年の実績
    • ・長年培ってきた亀戸・錦糸町エリアでの豊富な経験を活かし、地域無料相談も定期的に開催!
  • 理由2専門家を駆使し
    ワンストップ
    サービスを実現
    • ・専門家(税理士、行政書士、司法書士、弁護士、不動産会社、その他)を揃えたネットワーク力!
  • 理由3駅徒歩1分の
    好アクセス
    • ・JR総武線「亀戸」駅東口徒歩1分 または都営バス(江戸川方面)「水神森」下車すぐ お近くにお住まいの方はもちろん、沿線にお勤めの方も 立ち寄りやすく便利です。

理由01

亀戸・錦糸町の地域に特化した43年の実績

POINT 亀戸・錦糸町エリア
長年培ってきた経験
年間の相続税の申告数に対し、コンスタントに経験のある税理士は決して多くはありません。相続税の申告の内容や計算方法は"全く同じ"というものがなく、相続税の申告を依頼するにあたり重要なのは税理士がどれだけの実績があるのかということにつきます。
亀戸・錦糸町相続サポートセンターでは、お客様がどのように遺産を分けたいのか、その場合は税金がどれくらいかかってくるのか・・などのアドバイスをはじめ、お客様とのコミュニケーションを大切にしながら、責任を持ってお手伝いいたします。

理由02

専門家を駆使したワンストップサービスを実現

POINT 様々な専門家との
士業ネットワーク
《相続》という事がらひとつとっても、それを取り巻くものは「相続税申告」「遺産分割」「遺言書作成」…など、非常に多岐にわたります。そのうえ、弁護士や司法書士などのいわゆる"士業"と呼ばれる専門家は、知り合いがいる・会社を経営している・過去に別のことで関わりがあった…などということがない限り、どのように探して依頼すればよいのかわからない方は多いのではないでしょうか。私ども亀戸・錦糸町相続サポートセンターは、相続により発生する様々な問題を専門家ネットワーク(税理士、行政書士、司法書士、弁護士、不動産会社、その他)によって解決することができ、相続に関するさまざまな不安をワンストップで解消できます。

理由03

駅徒歩1分の好アクセス

POINT JR総武線「亀戸」駅
東口徒歩1分
または都営バス(江戸川方面)「水神森」下車すぐ。
お近くにお住まいの方はもちろん、沿線にお勤めの方も立ち寄りやすく便利です。
江東区、墨田区、江戸川区など近隣エリアにお住まいの方は是非とも、亀戸・錦糸町相続サポートセンターにお気軽にご相談にいらして下さい。

亀戸・錦糸町エリアではや43年地元でコツコツ積み重ねてきました。
全ては「お客様へ満足していただきたい」という想いです。

相続サポートセンターを
利用する流れ

  • STEP1

    無料相談ご予約
    まずは電話かメールで面談のご予約をいただきます。
  • STEP2

    ご面談
    30分の初回無料相談にて現状をヒヤリング。
    問題解決までの道筋と日程スケジュール、お見積りをご提示しご納得頂けたら…
  • STEP3

    ご契約
    早速、申告に向けてサポートを開始いたします。
  • STEP4

    サポート開始
    お客様に最適な方法を検討しながら、手続を進めて参ります。
  • STEP5

    申告前ご面談
    申告書の内容をご説明し、ご納得いただいた上で税務署へ提出。
  • STEP6

    申告書類の引き渡し
    申告済みの書類控えをお客様にお渡しして完了!

相続税で少しでもお悩みがある方
まずは無料でご相談して下さい!

お客様のご相談例

01

法定相続情報証明制度というのはなんでしょうか?
被相続人の出生から死亡までの戸籍や、相続人の戸籍を1部ずつ取得し、事前に法務局に申請・承認される事によって、不動産などの名義変更や金融機関の凍結解除などに必要な証明書を無料で取得することが可能な制度です。
受理をする側でも、提出された書類が正しいかの確認手続きが不要となり、手続き時間の短縮にもつながります。

02

遺産分割の折り合いがつかず、申告期限が間近に迫ってしまっていました。
今からでも間に合いますか?
まずは無料相談にお越しください。状況についてヒヤリングし、申告までのスケジュールを組み立てていきます。
必要書類の中には入手までに時間を要するものもありますので、いつまでに・・と一概に申し上げるのは難しいのですが、それらの書類さえ整えば、そこから1週間いただければ申告まで可能です。

03

何も知らせていないのに、突然、税務署から 「相続についてのお知らせ」という書類が届きました。これは何故届いたのでしょうか?
相続財産の中でも、不動産や株式といった比較的多額になる財産は、既に所有状況を税務署は把握しています。
例えば賃貸アパートなどを所有していれば、毎年不動産収入の確定申告書を税務署へ提出されているはずです。
また、株式についても売買や配当などについてご自身で確定申告をされる方もいらっしゃいますし、そもそも証券会社が情報を提供しています。
それらの情報をもとに、相続税がかかると見込まれる相続人に対して「お知らせ」を送付し、申告漏れのないように促しているのです。
もし書類が届いた場合には、高い確率で申告が必要になると考えられた方が良いと思います。

04

相続税の生前対策として、賃貸アパートを建てる人が多いそうですが、
何故ですか?
相続税を少なくするには、相続財産の評価を下げる事が必要です。
現金1億円の相続財産評価は、そのまま1億円の評価です。しかし、1億円をかけて建設した賃貸アパートやその敷地などは、相続財産評価上は1億円を大きく下回ります。
一番の減少要因となる財産は、その敷地の評価額です。もともと路線価(または倍率)という、時価に比べ低く設定された指標を使って評価できる上、賃貸に出すことによって他人の制約を受ける為、評価を下げる事ができます。
更に賃料収入という生活の基盤となる収入を得るための不動産として、一定の要件を満たすことで特例を使う事も可能となり、最大で半分まで評価を下げる事ができます。ただし、今後は一定の規制が入るため、相続発生直前での駆け込み取得は適用できなくなる可能性がでてきますので、注意が必要です。

05

相続人は子供一人だけです。
他に兄弟がいますが、相続人ではないと思います。
このままだと多額の税金がかかりそうなのですが、なにか方法はありますか?
ご兄弟を養子にしてはいかがでしょうか?
通常、相続人であるお子さんがご結婚されている場合などは、その配偶者を養子にする事で税金対策を図るケースは多くあります。
兄弟なのに養子?と思われるかもしれませんが、養子となる人が養子とされる人よりも年下であれば兄弟間であっても養子縁組は可能です。

相続税・税金関することはお任せください!

亀戸・錦糸町相続サポートセンターについて

当センターは、亀戸駅すぐ近くに事務所がございます。
亀戸駅に事務所を構えて41年、
江東区・墨田区・江戸川区を中心に地域に特化して相続相談を営んでおります。

地域の方々にお気軽にご相談いただけますよう、
現在では江東区を中心した周辺エリアの郵便局で無料相談も実施しております。

お問い合わせフォーム

お名前【必須】
メールアドレス【必須】
電話番号【必須】
ご相談内容及びご予約希望日