遺言書が出てきたら


相続が発生したらまず行わなければいけないのが遺言書の有無の確認です。
もし遺言書が出てきた場合にはすぐに開封してはいけません。なぜならば遺言書の種類によっては開封してしまうと過料その他が発生する場合があるからです。

そこで、遺言書が出てきた場合の取り扱いやその後の手順などについて確認して行きましょう。

遺言の検認・執行

遺言書は遺言書の種類によって開封の仕方に決まりがあります。
また、開封後の手続きも決まっていますので、しっかり理解しておきましょう。

遺言についての良くある質問

遺言書は一般には馴染みの薄いものではありますが、法的効力がありますので正しく理解することで様々な活用方法があります。
そこで代表的な質問を例に理解を深めて行きましょう。


完全保存版のハンドブック 「相続まるわかりガイド」 無料相談ご予約専用フリーダイヤル 0120-58-2595 メールでのご予約

遺言書に関するコンテンツ

   遺言書作成サポート    3種類の遺言書について    遺言書の書き方
   遺言書のメリット    遺言書が出てきたら    遺言の保管
   遺言の執行    TOPに戻る