相続税の計算方法

それでは、相続税の計算方法について詳しく見てみましょう。

相続税計算の流れ


相続税の計算は
  • Step.1 課税価額の合計額を算出する
  • Step.2 法定相続人全員が法定相続分どおり相続財産を取得したと仮定して、
    相続税の総額を求める
  • Step.3 相続税の総額を、実際に取得した財産と各人の事情を考慮して算出する

という大きく3つのステップに分けることができます。


計算例

Step1.課税価額の合計額を算出する    
 相続税が課税される財産(不動産、預貯金など)を計算し +(プラス)
 債務及び葬式費用等の額をマイナスし  -(マイナス)  葬式・通夜
 みなし相続財産(生命保険金など)をプラスします  +(プラス)  
 Step2.相続税の総額を計算    
  手順1.基礎控除をマイナスして

 手順2.法定相続人に分割し、

 手順3.課税総額を算出します
   
Step3.相続税額を計算    
  手順1.相続税総額を、相続分で 按分し、各人の税額を算出

 手順2. 各人の控除を計算して納付額を確定
   

上記ステップの中でも、Step1.の相続財産の評価については特に専門知識が要求され、相続財産の評価をどう判断するかによって、相続税額は勿論のこと、相続税がかかるかかからないかさえ変わって来ることもあります。


⇒相続財産の評価はこちら

完全保存版のハンドブック 「相続まるわかりガイド」 無料相談ご予約専用フリーダイヤル 0120-58-2595 メールでのご予約

相続税に関するコンテンツ

   2015年度税制改正について    相続税申告サポート   相続計算の流れ
   相続財産の評価    相続税の申告と納付   贈与と相続どちらが得か?